生活習慣の大切さ

生活習慣と薄毛や抜け毛には大きな関わりがあることをご存知ですか?
ストレスや食生活を含めた「生活習慣」によって、
体内のエネルギー生産や皮膚の生まれ変わりに関わっている
「新陳代謝」は大きく左右されます。
ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足といった症状は、
身体の機能を老化させたり新陳代謝を妨げる「活性酸素」を大量に生み出します。
活性酸素が増えると、血流が悪くなり、血液が濁るだけでなく、
身体の各所に栄養が行き渡らなくなり、
結果、肌に張りがなくなったり薄毛や抜け毛の原因にもなるという訳です。

ですから、今現在薄毛や抜け毛で悩んでいて、
なおかつ、ケアをしてもはかばかしい効果が得られていないという人は、
発毛や育毛に必要な成長因子が、これらの生活習慣の乱れが原因で減ってしまったり、
不活性化しているのかもしれません。
つまり、いくら外側から有効成分を補給してあげても、
それを吸収したり活用する力が弱まっているため、
成長因子が活動を開始するための刺激にもならなければ、
生えている毛髪へも栄養が届かない状態になっているということです。

症状を緩和し、抜け毛や薄毛予防をするためには、
ストレスケアや生活習慣を見直すことが大切です。
ストレスは、その日の内に出来るだけ軽減することや、
食事はバランスよく取ること、また、新陳代謝が効果的に行われるように、
代謝機能の高まる時間である午後十時の就寝を目指すことも大切です。
減少した成長因子を増やすには大変な努力を要するので、
日頃から薄毛予防を心がけてあげましょう。


☆グロースファクターの発毛剤☆