誰もが持ちうる悩み

ひと昔前までは、抜け毛や薄毛と言えば、
「男性特有の悩み」だと考える人が多かったようですが、現在では老若男女・男女問わず、
薄毛や抜け毛に関する悩みを抱えている人は多くなっているようです。
男性の薄毛や抜け毛の原因の多くは、
男性ホルモンの増加によるAGA(男性型脱毛)とされていましたが、
研究が進むにつれ、体調など、何らかの原因で男性ホルモンが増加してしまう場合と、
遺伝的に男性ホルモンや皮脂が過剰に分泌されてしまう体質である場合に
分けられることが分かってきました。

更には、女性の場合も、男性ホルモンが増加してなってしまう場合の他に、
女性ホルモンのバランスが崩れることで起こる薄毛や抜け毛があることが分かってきました。
加えて、男女共通の原因として、生活習慣の乱れや食生活の方より、ストレスなども加わり、
今や、薄毛や抜け毛は「誰もが持ちうる悩み」となってしまったのです。

上記にあげた事柄から、抜け毛予防や薄毛予防には、
ストレスケアを含めた生活習慣や食事の見直しが重要であることが
お分かりいただけることと思います。
ホルモンバランスの崩れや生活習慣の乱れは、
いずれも新陳代謝の機能を低下させてしまいます。
代謝機能が低下すると、身体のすみずみへと栄養が行き渡らなくなり、
発毛や育毛にとって大切な成長因子の活動も低下してしまうからこそ、
薄毛や抜け毛になるのです。

つまり、悪循環が体内で起こっているという訳です。
これらを改善し、それでも症状が緩和されない時は、
成長因子そのものが減ってしまっているかもしれないので、
専門医で治療してもらうことがお勧めです。