AGA治療とは

育毛法は昔から色々なものがあり、
効果は人それぞれですが誰もが何かしら一度は試したことがあると思います。
近年AGAという言葉がさかんにメディアなどで聞かれるようになりましたが、
これは薄毛、つまり男性型脱毛症のことでandrogenetic alopeciaの略です。
AGA治療として有名なのが多くの治療薬で、
これはAGAのタイプによって服用する薬は違ってきます。

たとえばミノキシジルとフィナステリドと呼ばれるものは特に有名で、
男性型脱毛症治療の多くの場合に処方される薬です。
特に頭頂部の薄毛に効果があるとされていて、塗るタイプと飲み薬のものがあります。
ミノキシジルは市販の育毛剤にも入っているものがあり、
テレビCMでも良く見かけますから知っている人も多いのではないでしょうか。

フィナステリドはもともと前立腺の薬として使用されていたものですが、
発毛効果があることが分かりAGA治療にも使われるようになりました。
そしてプロペシア、フィンペシアと呼ばれる治療薬も知られており、
これは特に前頭部のM字型のAGAに効果があるとされています。
これらの治療薬には医師や薬剤師の許可が必要で、
病院で処方してもらうかドラッグストアなどで買うことができます。
しかし薬剤師がいなければ購入することはできませんから、
インターネットなどから通販での購入は禁止されています。

病院で処方してもらう場合にはAGA治療を行っている病院に行き、
そこで診療してもらってから処方されることになります。
皮膚科や内科などで診てもらえますから、利用しようと思っている人は
一度近くの病院に問い合わせてみたり、インターネットなどで調べてみるといいでしょう。

またAGA治療は保険適用外になりますので、すべて実費になります。
従って通常診療よりも高額になることが予想されますから、
そのあたりも合わせて問い合せてみてください。
このように今や薄毛は独自の育毛法や性格改善だけではなく、
きちんとした診療を受けることによって改善させることができるものなのです。