自分でもできること

抜け毛が気になりだすとまずは育毛剤を買おうと思う人が多いのですが、
その前にやらなければいけないことがありますし自分でも実践できることはけっこうあります。
ここでは自分でもできる育毛法を紹介していきたいと思います。

まず薄毛の原因となっている頭皮環境の悪化を改善させるために、
頭皮マッサージをしましょう。
これは指の腹を使ってゆっくりと円を書きながら揉みこむようなイメージで行うと効果的です。
他にも拳を作って第二関節の辺りで頭皮を押すようにするのもいいでしょう。
頭には育毛を促進するツボがあり、頭のちょうどてっぺんの部分には
百会(ひゃくえ)と呼ばれるツボがありますし、
首の後ろの窪んだ部分には天柱(てんちゅう)、
天柱よりもさらに外側には風池(ふうち)と呼ばれるツボがあります。

また、頭皮が血行不良になっていないかどうかチェックする方法があります。
指で頭皮を押した時に赤くなってなかなか元に戻らなかったり、
マッサージをしてみて痛いと感じるようだと血行不良の状態です。
また、前頭部や頭頂部の頭皮の柔らかさを確認してみてください。
この際に頭の横や後ろの部分よりも硬いようだと血行不良の状態だと言えます。

このように頭皮は頭の横や後ろの部分よりも前頭部や頭頂部といった
男性型脱毛症の症状が出てくる箇所が血行不良になりやすいのですから、
定期的にマッサージをしてあげましょう。
また、美容室に行った時にヘッドスパをしてもらうのも非常に効果的で、
毛穴の汚れを取るだけでなく頭皮の血行を良くすると言う意味でも
定期的にやっておくといいでしょう。

薄毛の前兆として、髪の毛のハリやコシがなくなってくるというものがありますが
これは頭皮環境が大きく影響していて、血行をよくすることで改善させることができます。
ですから自分でマッサージをする際にはお風呂に入っている時など
頭皮が柔らかくなっている状態にある時に行うことで
より効果が大きくなりますから実践してみましょう。